トピックス

2017年10月23日
1位の氣志團万博に次いで横田基地日米友好祭の牛浜駅が2位に 9月のシルバーウィーク付近によく検索された駅ランキング

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は、iPhone・Androidで累計777万ダウンロードを超えるアプリ「駅すぱあと」などにおける、2017年9月16日(土)〜9月18日(月)の「検索数の増加率」を元にした「よく検索された駅ランキング(2017年9月版)」を発表します。

■よく検索された駅ランキング(2017年9月版)

1位 袖ヶ浦駅(488.98%増加)
2位 牛浜駅(417.80%増加)
3位 箱崎宮前駅(257.29%増加)
4位 川内駅(242.12%増加)
5位 愛野駅(233.54%増加)
6位 東京テレポート駅(223.10%増加)
7位 鹿児島駅(221.30%増加)
8位 岸和田駅(215.90%増加)
9位 東山駅(198.07%増加)
10位 船の科学館駅(196.95%増加)
11位〜20位 アプリ「駅すぱあと」などで約1ヶ月間公開しています。

※()内の数値は通常時と2017年9月16日(土)〜9月18日(月)の検索数の平均を比較し算出した「検索数の増加率」です。

■昨年に続き1位は氣志團万博! 2位にランクインしたのは横田基地日米友好祭

<1位:袖ヶ浦駅(488.98%増加)>

昨年の9月同様、ダントツの増加率で1位に輝いたのは千葉県の袖ヶ浦駅です。9月16日(土)・17日(日)の2日間、袖ヶ浦海浜公園にて「氣志團万博2017」が開催されました。結成20周年を迎える大人気のロックバンド「氣志團」の他にも「ももいろクローバーZ」や「山下達郎」など人気のアーティストが集結しました。

SNSを調査したところ、あいにくの雨で気温が下がっていることから、雨具や防寒具の用意を勧める声が多く見られました。

<2位:牛浜駅(417.80%増加)>

圧倒的な増加率で2位となったのはJR青梅線の牛浜駅です。牛浜駅から徒歩10分のアメリカ軍横田基地で9月16日(土)・17日(日)に「横田基地日米友好祭2017」が開催されました。毎年多くのミリタリーファンや家族連れが訪れます。基地内では多数の屋台が出店された他、アメリカ軍の航空機のコックピットを体験できるイベントも行われました。

<3位:箱崎宮前(257.29%増加)>

3位は福岡市地下鉄箱崎線の箱崎宮前駅です。三大八幡宮の一つである筥崎宮の最寄駅です。9月12日(火)から17日(日)の七日七夜に渡って「放生会(ほうじょうや)」が開催されました。福岡県では春の「博多どんたく」、夏の「博多祇園山笠」とともに三大博多祭に数えられており、地元の方々にとって秋の風物詩となっています。

SNSを調査したところ、一緒に訪れた方との写真や屋台の食べ物の写真とともに「久しぶりに会えて嬉しかった」「今年も楽しかった」などの投稿が多く見受けられました。

1位から3位の駅にピンを立てた路線図のイメージ

この他、ジュビロ磐田と浦和レッズの対戦・人気アーティストコブクロのコンサートが同日に開催された静岡県の愛野駅が第5位にランクインしました。
第6位は都市型ダンスミュージックフェスティバル「ULTRA JAPAN 2017」が開催されたりんかい線東京テレポート駅が、第8位は「だんじり祭」で盛り上がる南海本線の岸和田駅がランクインし、イベントやお祭りで盛り上がる3連休だっだようです。

その一方で、4位の川内駅や7位の鹿児島駅がある鹿児島県西部では3連休中台風18号の暴風雨に見舞われ、地元のスーパーが一部休業するなど生活に影響が出ました。また列車の運転見合わせや運休が発生しており、運行情報の確認のため多く検索されたと予想されます。

11〜20位の駅については、アプリ「駅すぱあと」やスマートフォン専用サイト「駅すぱあと」で2017年10月23日(月)から公開しています。

■ランキングの説明

本ランキングは、個人向け「駅すぱあと」サービス各種で日本全国の各鉄道駅(約9,200駅)が「到着地として検索された数」を日別で抽出し、通常時と対象期間とを比較し算出した、各鉄道駅の「検索数の増加率」をもとにランキング化しました。

2017年9月16日(土)〜9月18日(月)

本ランキングおよび画像は、クレジット「ヴァル研究所(https://www.val.co.jp/)」を明記の上、ご自由に引用・転載いただけます。

<個人向け「駅すぱあと」サービス各種>

■株式会社ヴァル研究所について

1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開しています。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号   :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地  :東京都杉並区高円寺北 2-3-17
資本金  :4,100万円
設立日  :1976年7月26日
企業サイト:https://www.val.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ヴァル研究所
広報担当:鈴木 菜奈美・福井 澪菜
TEL:03-5373-3529
FAX:03-5373-3510
MAIL:pr-office@val.co.jp

※記載されている会社名、製品名およびサービス名称は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ!