トピックス

2017年10月11日
駅すぱあとWebサービス、API利用数や改訂情報が確認できる管理画面「User Console β版」をリリース

「User Console β版」で確認できる情報はAPIでの取得も可能

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2017年10月10日(火)、経路検索API「駅すぱあとWebサービス」にて、API利用数(リクエスト数)とダイヤや運賃の改訂情報を確認できる管理画面「User Console β版」をリリースしました。また、同様の情報を取得できるAPIの提供も開始しました。

■管理サイト「UserConsole β版」について

「User Console β版」は、アクセスキーごとのリクエスト数や「駅すぱあと」が保有するダイヤ、運賃などの改訂情報が確認できる管理サイトです。「駅すぱあとWebサービス スタンダードプラン」でご利用いただけます。

「UserConsole β版」紹介ページ:http://docs.ekispert.com/v1/tools/user-console/

<「UserConsole β版」機能紹介>

【リクエスト数の閲覧】

アクセスキーごとにリクエスト数を確認することができます。
前日までのリクエスト数が表示され、いつでも確認することが可能です。

【「駅すぱあと」改訂情報の閲覧】

「駅すぱあと」が提供している鉄道、バス、飛行機などのダイヤや運賃データの改訂情報を確認できます。閲覧したい情報のバージョンとコンテンツを選択し、フィルタリングすることができます。

■「駅すぱあとWebサービス」について

「駅すぱあとWebサービス」は、ヴァル研究所が提供する乗り換え案内サービス「駅すぱあと」の経路検索機能や公共交通機関データなどを利用できるWeb APIです。Webサービスやスマートフォンアプリなどに「駅すぱあと」の機能やデータを自由に組み込むことが可能です。

■株式会社ヴァル研究所について

1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開しています。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号   :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地  :東京都杉並区高円寺北 2-3-17
資本金  :4,100万円
設立日  :1976年7月26日
企業サイト:https://www.val.co.jp/

■本お知らせに関するお問い合わせ先

株式会社ヴァル研究所
広報担当:鈴木 菜奈美・福井 澪菜
TEL:03-5373-3529
FAX:03-5373-3510
MAIL:pr-office@val.co.jp

※記載されている会社名、製品名およびサービス名称は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ!