トピックス

2017年10月10日
約130万人が利用する業界NO.1のクラウド型バスロケ―ションサービスを展開するVISH社を「駅すぱあと」のヴァル研究所が全株式取得

「位置情報」と「業務支援」で新たな事業展開、売上拡大を目指す

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫、以下:当社)は2017年10月10日(火)、業界NO.1のクラウドバスサービスや位置情報を活用した業務支援システムを提供するVISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:藤井恵)の発行株式を100%取得し、完全子会社化したことを発表します。

VISH株式会社は、幼稚園・スイミングスクール・自動車教習所などの「送迎バス」が必要な業種向けのバスロケーションサービスおよび業務支援システムを展開しており、業界トップのシェアを誇っています。各種サービスは7年連続プラス成長しており、2012年から5年間で約1,000施設以上の導入という急成長を遂げています。

一方、当社は「駅すぱあと」が持つ全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースに、通勤費管理/申請システムや訪問予定から交通費精算までを省力化する法人向けサービス、位置情報を活用した広告事業を展開し、12万社以上の取引実績があります。また、「駅すぱあと」を通じて約30年、公共交通機関を利用したさまざまな移動をサポートしてきました。

このたびのVISH株式会社の完全子会社化により、「共創」による事業創出と位置情報ビジネスのさらなる収益化・売上拡大を目指します。なお、本買収後、VISH株式会社の代表取締役には太田信夫が就任し、現代表取締役の藤井恵は顧問として引き続きサービス拡大に従事します。

今後、両社の強みや資産、技術を活かし、「位置情報」と「業務支援」を組み合わせた新たなビジネス展開や独自性の創出を実現してまいります。

※幼稚園・自動車学校・スイミングスクール向けGPSクラウドサービスにおいて(自社調べ)

■VISH株式会社について

幼稚園・保育園、スイミングスクール、スポーツクラブ、自動車教習所など、送迎バスが必要な業種向けの業務支援システム・クラウドサービスを展開しています。 現在1,000施設以上との取引があり、クラウド型バスロケーションサービス「バスキャッチ」や幼稚園・保育園向け「園支援システム」などの自社サービスは7年連続プラス成長しています。

「バスキャッチ」 :http://www.buscatch.com/
「園支援システム」:http://www.buscatch.com/solution/kindergarten/

商号   :VISH株式会社
代表取締役:藤井 恵
所在地  :愛知県名古屋市中区錦二丁目10番13号 SC錦ANNEX 5F
設立年月日:2004年12月
資本金  :1,150万円
企業サイト:http://www.vish.co.jp/

■株式会社ヴァル研究所について

1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開しています。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号   :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地  :東京都杉並区高円寺北 2-3-17
資本金  :4,100万円
設立日  :1976年7月26日
企業サイト:https://www.val.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ヴァル研究所
広報担当:福井 澪菜
TEL:03-5373-3529
FAX:03-5373-3510
MAIL:pr-office@val.co.jp

※記載されている会社名、製品名およびサービス名称は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ!