社員インタビュー:家田 怜

開発と並行しながら幅広い経験ができる。 エンジニア職 コンシューマービジネス部 ADチーム 家田 怜 早稲田大学 社会科学部 社会科学科 >2012年入社

動きやすい、ちょうどいいサイズの会社。

出身は文系学部ですが、パソコンが好きで独学でプログラミングの勉強もしていました。
開発系に進むことは決めていましたが、専門職ではなく、しばらくはエンジニアの仕事をやりつつさまざまな仕事をやっていきたかったのです。 その中でいずれ自分の好きな分野を見つけて深めていければいいなと。
その点で、エンジニア兼総合職という採用方針であったヴァル研究所は希望にぴったりでした。

また独自の事業として公共交通機関の経路検索という確固たる軸を持っているのも魅力でした。
自分から自由に新しいサービスを作っていける。しかも企業規模も大き過ぎず小さ過ぎず、ちょうどいいサイズなのです。

大手のシステム会社だと組織が縦割りで、どうしても役割が固定化される傾向があります。
ヴァル研究所は、企画、研究、開発、運用、販売など、ソフトウェアベンダーとして総合的な機能を持ちながらも部門間の垣根が低く組織も柔軟。
自分から手を挙げて、主体的に行動を起こすこともできます。
エンジニアの仕事をしたい。けれどもさまざまな経験を積んで幅広い視野を持ちたいという人にはお薦めの会社だと思います。

XPの実践と「自動化」はいま最もホットなテーマ。

自社のアプリやサービス向けに広告を配信するシステムを開発、保守、運用しています。
例えば、駅すぱあとのスマホアプリで経路を検索すると画面の上下に広告が出るのですが、この広告を出すための仕組みです。 東京駅までの経路を検索すると東京駅に関連した広告が表示される、といったことを実現しています。
ユーザー様により身近な広告を出すために、駅や路線、地域など、段階的にエリアのセグメンテーションができるように工夫してあり、それが私たちのシステムの強みとなっています。駅すぱあとから派生したビジネスの1つといえます。

私がもうひとつ担っているのは、変化への対応性に優れたソフトウェア開発手法であるアジャイルに関する調査や社内への導入を推進する仕事です。
その中でもとくに注目しているのがXP(エクストリームプログラミング)です。

従来のように設計・開発・テストなど工程ごとに分業するのではなく、機能ごとに分業し、担当者やチーム内で詳細設計からテストまでを受け持ちます。責任の所在が明確になるのはもちろん、仕事に対するモチベーションも高めることができます。
自動化の手法も洗練されていて大変興味深く、いま自分にとっては最もホットなテーマです。
こうした合理的で創造的な開発スタイルをヴァル研究所にもっと浸透させていければと思っています。

会社全体のスキルアップにつながる新人教育。

XPのような開発手法を導入するには、エンジニアにはこれまで以上に広い視野や知識、スキルが求められるようになります。 私自身、社外のセミナーにも積極的に参加し、新しい知識を吸収するようにしています。 またそれを自分の中に留めておくのではなく、社内の勉強会や発表会、二人一組で作業をするペアプログラミング、社内Wikiなどを利用して、社員同士で効率的に情報・ノウハウを共有するよう努めています。

また個人的には新人教育もとても重要であると考えています。
昨年、私自身が新人研修を受けて、さまざまな先進知識を先輩方に教えてもらいまして、それを配属先のチームにフィードバックしたところ、とても好評だったのです。
社員の中には多忙な人もいるし、常にタイムリーに最新情報に触れられるとは限らないので、新人が媒体になって各チームに新しい技術導入のきっかけ作りをする…ということも実際あるのです。
そのあたりから興味を持ちまして、じつは今年は自ら立候補して新人の技術研修の手伝いをしています。

新人の皆さんに学んでもらうだけでなく、講師として当然私自身も学ばなければならないし、ひいては会社全体の知識やスキルの更新にもつながる意義深い仕事だと感じています。

※ 2013年10月取材

ページトップへ!