社員インタビュー:福本 江梨奈

仕事に集中できる温かい空気。 エンジニア職 法人ビジネス部 製品開発チーム 福本 江梨奈 大分大学 教育福祉科学部 人間福祉科学課程 生活環境福祉コース 2012年入社

誠実な「人柄」を感じる会社。

まず採用活動にとても人間味を感じました。他の企業は「では、自己PRを始めてください」という感じなのですが、ヴァル研究所は会話形式なのです。しかも、じつに他愛もない話から始まったりします(笑)。
私はこういう場では緊張する方なのですが、できるだけリラックスさせて「学生のいいところを引き出そう」という好意を感じました。
どの学生に対しても一人の人間として真剣に向き合ってくれて、紳士的で温かい企業だなと。面談が終わったあとの、心地よさ、充実感が印象的でした。

私にとっては職場の「空気」「人間関係」はけっこう大切なテーマでして、ギスギスした所よりは、気持ちよく仕事に集中できてのびのび働ける会社に、という希望がありました。
その後、さまざまな社員の方とお話する機会があったのですが、本当に気さくな方ばかり。「ここでは人間関係で困ったことはないなー」というお話を聞きまして、とても安心しました(笑)。

それまでヴァル研究所のことはよく知らなかったのですが、偶然にも、慣れない東京での就職活動で迷わないようにと、ちょうどケータイ版の駅すぱあとを使っていたところで、「この心強い味方を作った会社なんだ!」と驚きつつ「縁」のようなものを感じました。

臨機応変なコミュニケーションが大切。

「駅すぱあと」を利用した事業者サイトの開発と運用を担当しています。具体的には、鉄道やバス会社様のWebサイトで、ご要望に沿った独自の経路検索サービスを実現することです。エンドユーザーは、そうした交通機関を利用される一般の方々になります。

現在、私が担当しているお客様は3社。
まずチームの営業担当者と開発責任者を中心にある程度サイトの仕様を固めます。そのあとのデザインを含めた開発実務から運用開始後のメンテナンスまでが私の主な業務となります。
業務では主にRubyやPerlなどを使用し、フロント側だとHTMLやCSS、JavaScriptなども担当します。

受託開発ですから、ご要望に対していかに迅速かつ的確に応えるかが求められます。
専門知識や技術も大切ですが、コミュニケーションも同じぐらい重要になります。言葉のやり取りだけだと、食い違いも発生しますので、サンプルイメージを作って具体的に確認するなど、自分なりに工夫しつつ臨機応変な対応を心がけています。
そうしたことの積み重ねがお客様との信頼関係を築き、意思疎通を深め、よりスムーズな業務につながっていくと思います。
時にはお客様から直接感謝の言葉をいただけるのもこの仕事ならではのやりがいであり面白さです。

社員を長い目で大事に扱ってくれる。

研修制度があるから文系出身者でも大丈夫とは聞いていましたが、技術面でついていけるか正直不安はありました。
でも研修の質も量も想像以上に充実していて驚きました。配属後のフォローもしっかりしていて、新入社員を長い目でじっくり育てようという会社の姿勢を感じました。
私のようなプログラミング未経験の方もどうぞ安心してください。
先輩方も皆さん優しくて、分からないことを何度質問してもいやな顔ひとつせず丁寧に教えてくれます。逆に「困ってない?」と声までかけてくれて本当に感謝しています。

また向上心の高い人たちが多いヴァル研究所では社内勉強会も盛んでして、グループウェアに案内が掲示され、誰でも気軽に応募できます。
これまで、Ruby、データベース、ネットワークなどの勉強会に参加し、さまざまな知識を吸収してきました。

私はできるだけ長く仕事を続けたいと思っています。
私の上司も女性の管理職ですし、ヴァル研究所ではお子さんがいる方も含め多くの女性が一線で活躍しています。
やる気のある女性が気持ち良く長く働ける会社であること。これもヴァル研究所の魅力です。

※ 2013年10月取材

ページトップへ!