代表メッセージ

株式会社ヴァル研究所のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

 おかげさまでヴァル研究所は、2016年7月に創業40周年を迎えます。
これもひとえに、お客様、パートナー様をはじめ、関係各位のご恩顧によるものであると深く感謝いたします。
永年にわたるご支援をいただき、誠にありがとうございます。

 当社は、社名の由来である、「Very Advanced Language=より進化したコンピュータ言語を研究・開発する」を信念として1976年に創業以来、コンピュータ、スマートデバイスを使う人のさまざまな課題を解決する製品、サービスを世の中に送り出してきました。

 主力製品となります「駅すぱあと」は、日本初の公共交通機関の乗換案内ソフトとして、1988年の発売以来、多くのお客様にご利用いただき、お客様と共に発展させてまいりました。
「駅すぱあと」の開発、及び日々のバージョンアップで培った「技術力」、「データ収集力」、「課題解決実績」を強みに、今後もさらに成長させてまいります。
そして何よりも「多くのお客様」からの声を大切にしていきたいと考えています。「公共交通機関に関するお客様が抱えている課題」は、当社が解決します。

 今後、「クラウドネイティブ時代の到来」、「スマートデバイスのさらなる進化」、「ビックデータ活用」など ICTの急速な普及により、お客様のビジネススタイル及びライフスタイルが大きく変革していきます。
 我々は、これからもお客様が抱える課題と真剣に向き合い、お客様の立場で考え、課題を解決する最良なサービスの開発、提供を行う事で、世の中の当たり前を変え、人々の可能性をひろげ、活力に満ちあふれた社会を実現してまいります。

 今後もヴァル研究所にご期待ください。
 引き続き皆様のご支援とご鞭撻を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

平成27年9月吉日

太田信夫
ページトップへ!